Story

天才小説家・北白川右京が誘う、
魅惑のパリ。

旅の中で“降りてくる”<世紀の大傑作>。
愛と感動の17世紀の物語が、
人々に幸せを届けていく・・・!

王妃の館

シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ。日本語で“王妃の館”を意味する、パリの一流ホテルに宿泊できる超豪華ツアーに、日本から2組男女11名のツアー客たちが到着した。これまで自作の数々が映画化されている売れっ子作家・北白川右京をはじめ、美人OL、成金実業家にホステス、女装家、元詐欺師・・・と個性派揃いの面々だ。旅行会社の女社長・朝霞玲子とその社員・戸川光男引率のもと、それぞれパリ観光を楽しむツアー客たちをマイペースに振り回すのが北白川右京だった。

王妃の館

彼は17世紀のルイ14世を主人公にした新作小説執筆の為にツアーに参加しており、ツアーそっちのけで新作小説を構想。ひとたびインスピレーションが湧くと、我を忘れ自分の世界に没頭してしまうのだった。ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿といったルイ14世の足跡を辿ることで、幾度となく“小説の神”が降り、ツアー客たちを混乱に巻き込みつつも、順調に筆を進めてゆく。

一方で、人知れず悩みと事情を抱えてパリに来たツアー客たちから悩みを打ち明けられ、時には神がかったアドバイスまでしていく。そんな中、旅が進むにつれ、右京の物語は佳境へ! その小説を回し読むツアーメンバーたちはやがてそこに書かれた17世紀の世界へと迷い込んでいく・・・。

王妃の館

そこに待ち受けるのは・・・?
果たして、右京の描く壮大なる新作の結末とは!?

予想を超える最高にハッピーなエンディングが、
あなたをお待ちしております。

王妃の館